障害年金

障害年金とは?

障害年金は日本の社会保障制度の中の年金制度の一つです。公的年金には老齢年金、障害年金、遺族年金の3つがありますが、これらはあなたの「老い・傷病・死」のリスクからサポートするためにあります。

障害年金のいろは

国民年金法(いわゆる「新法」)の施行日(昭和61年4月1日)以後受給権が発生した場合に同法の規定に基づいて給付される障害年金のことを指す。なお、旧法における障害福祉年金は、施行日以後障害基礎年金(いわゆる20歳前傷病による障害基礎年金)に切り替えて支給される。